2013.12.10

AM8:15


2013/12/10(火)雨のち晴れ 最低気温3℃最高気温10℃

おはようございます。
ひさしぶりのまとまった雨が降っている朝です。
こちらでは真夜中、窓をガタガタ揺らす強い風が吹いていました。
日中も発達した爆弾低気圧の影響で激しい雨風になるそうです。
昼から西の方を中心に晴れていくそうですが、北日本、北海道の方は暴風や強い雨、雪のようです。どうぞ皆様お気をつけください。

今日も輝く貴女の美肌のために!


PM4:00



2013.12.09

2013/12/9(月)晴れ 最低気温-4℃最高気温7℃

おはようございます。
新しい一週間の始まり月曜日。
今朝は夜明けの富士に再チャレンジしてみました。


AM6:00


だいぶ明るくなってきましたが夜明け前、静寂した空気の中、あたり一面霜も降り冷え込んだ朝、富士山が浮かんでいます。



AM6:15

空が青くなってきました。



AM7:18

富士山より右斜め前方、東の山肌から太陽が昇り始め、富士山の雪肌がほのかに赤く染まりはじめてきました。



日もだいぶ上がり、白い雪が少し黄金色に輝いています。




富士山の頭上に飛行機雲が一筋伸びてゆきます。


三筋、四筋と増えてゆきます。この国の未来を富士はどのように見ているのでしょうか。



いつもと変わらぬ富士山はここにいます。

昨日は今季一番の寒さで年末年始の寒さのところも多かったようです。今日も寒さはかわりませんが風がない分暖かく感じるところもあるようです。しかし、西日本からお天気も崩れ、北陸日本海側や北海道では雪のところもあるそうです。今週も寒さは厳しくなっていくようですのでお気をつけください。

先週土曜日12月7日に毎年恒例のパーティーを開催させていただきました。沢山のお客様にご参加いただき本当にありがとうございました。
今回でお陰様で50回目を迎えることが出来ました。重ねてお礼申し上げます。
パーティーの模様はルリビオブログでご紹介させていただいたり、サロンでも写真などご覧いただくことが出来ます。皆様、是非一度いらしてください。



今日も輝く貴女の美肌のために!



2013.12.07


2013/12/7(土)晴れ 最低気温-3℃最高気温14℃

昨日に引き続き今日もとてもいいお天気です。週末なので、忍野村の忍野八海や、おとなり山中湖村の花の都公園などにたくさんの方が観光にいらっしゃっています。
まだ訪れたことのない皆さんも、以前来られた方もまた、初冬の富士の麓へ是非遊びにいらしてください。
一昨日まではとても過ごしやすかった日本列島ですが昨日あたりから冬の寒さになっています。この土日二日間も寒くなりそうです。どうぞお気をつけて良い週末をお過ごしください。

今日も輝く貴女の美肌のために!



2013.12.06


2013/12/6(金)晴れ最高気温14℃最低気温-3℃

こんにちは。本日も少し風はありますがすっきりとした天気となりました。
12月に入り、朝は霜が降りて白色の景色が見えるようになりました。
富士山も雪が降り、きれいな景色が広がっています。
これから、きれいな冬景色が見られると思いますので、ぜひ足を運んでみてください!

今日も輝く貴女の美肌のために!



2013.12.05


2013/12/5(木)最低気温-5℃最高気温

おはようございます。
今日も太平洋側は高気圧に覆われすっきりと晴れた日になりそうです。一部天気の急変もあるような予報でしたので気をつけてください。

さて、標高約1000mにあり富士山からのキレイで成分豊富な水が湧き出る忍野八海を有する忍野村ですが、富士山から向かい側に目を向けますと富士忍野工場のちょうど後ろに標高1597.6mの杓子山がそびえています。この山の富士吉田市側には不動の湯という湯治場があります。ここは相模山系杓子山の湧水が出ています。昔からこのお水は万病に効くと伝えられ、「不動尊の霊水」と呼ばれています。やけど、リウマチ、イボ、などによいといわれ、今も遠くからも沢山の人が水を汲みに訪れています。(ルリビオの情報誌秋号にも詳しく載っていますので是非ご覧ください)
ここでは富士山と杓子山という大自然にいだかれ、二つの水脈が織りなす、マグネシウム、カルシウムなどミネラル豊富な水が湧出し、人々の生活を支えたり、高原野菜など豊かな農作物なども育みわたくし達に偉大な恩恵を与えてくれています。富士忍野工場でもこの水を元に製品にも使っています。今日も大自然の力への感謝の念も込めルリビオの製品づくりに励んでいます。
現在、忍野工場の水をポリタンクでお分けいたしております。地方配送もしておりますのでお気軽にお声かけください。<送料代のみ頂戴しております。※初回は容器代をプラス>


杓子山




PHOTO

RSS2.0

login

a-blog cms