2018.08.31


晴れ 最低気温18℃最高気温32℃

今日も朝から晴れ空が広がり、富士山もきれいに見えていました。

昨日も全国的に不安定なお天気で東北など大雨のところもあります。
また広く猛暑日が続く地域もありますね。
今年は特に異常なお天気で8月もおわりますが、今日も各地で猛暑が予想され日差しも強いようです。
熱中症や紫外線対策に十分お気を付けくださいませ。

今日は、ルリビオが日々研究している‐天然エキス‐より、『Ex-004-α』に配合している『プルーン分解物』のもととなる植物『プルーン』をご紹介します♪


『プルーン』
科  名 バラ科
学  名 Prunus domestica
和  名 プルーン セイヨウスモモ
英  名 Commom plum、Garden (European) Plum
生薬名 洋李
原産地 ヨーロッパ東部からアジア西部 
花  期 4月~7月


『プルーン』は、海外で古くからコンポート(果物の砂糖煮)やジャムなどに使われ、日本でも現在では身近な食べ物になっている西洋スモモのことで、すももの一種です。

『プルーン(西洋スモモ)』は、長寿で有名なコーカサス地方が原産で、紀元前数千年の遥か昔から栽培されていたといわれます。
紀元前2000年頃と推定されるシュメール人の粘土板に「プルーンは神に適した食物」と記されている遺物が発掘されたことがあるそうです。

それほど昔から食されてきた『プルーン』は1066年、ウィリアム一世の戴冠式の祝宴でプルーン料理が初めて振る舞われ、生活の中に定着していき、その後ヨーロッパ中に広がり、今では広範囲にわたって栽培されています。

現在はアメリカが世界の産出量の75%を占めていて、そのなかでもカリフォルニアでその約90%が生産されているそうです。

もともとはヨーロッパに広がった頃フランスで品種改良が試みられ、植木職人のルイ・ベリエが1856年、ゴルールドラッシュで沸き立つカリフォルニアにプルーンを持ち込み栽培しカリフォルニアプルーンが生まれたといわれます。

『プルーン』はバラ科の植物で2m以上の中高木です。
4月頃から白い花を咲かせ、8月から9月上旬に実を成らせます。

日本には明治初期に入ってきましたが、プルーンは雨に弱く、裂果や病気になり易いため、雨と湿気の多い日本では最初はなかなか定着しなかったようです。

しかし、その後、昭和になり戦後、品種改良が進み、比較的雨の少ない長野県、青森県、北海道などで栽培が広がり、現在では雨よけのハウスの導入もあり全国的にも栽培がおこなわれています。

プルーンは糖類、ミネラル(カリウムなど)、鉄などを含んだ栄養価の高い果実として、生食の他、乾果としても幅広く使われています。

そんなプルーンの果肉を酵素で分解したエキスは、メラノソーム移動抑制・色素沈着改善・色ムラ改善・肌荒れ改善の作用があるとされます。

肌が黒くなる原因は、メラノサイトで作られたメラニンが、表皮細胞(ケラチノサイト)に移動し取り込まれ、肌の表面へと運ばれておこります。
プルーン分解物は、メラニンができてしまったとしても肌の表皮細胞へと移動し、取り込まれることをブロックする働きがあります。
結果、お肌を美白へと導きます。


『ルリビオEx-004-α』は、他にも多面的にメラニンの生成抑制に優れたエキスたちを選び、可能な限り、高配合して創り上げた『ルリビオ最高品質』の美容液です。


『Ex-004-α』は、シミ、ソバカス予防に、また、貴女の素肌をより透明感のある気品溢れる高貴な白肌[ホワイトセレブ]へ導く、おすすめの美容液です。
9月を迎えますが厳しい残暑は続きます。まだまだ、シミ、ソバカス予防に注意が必要です。
この時期も是非、皆様の大切なお肌を守るアイテムとしてお役立てくださいませ。

プルーンの花言葉は「誠実な一生」です。

公式facebookページでも今回の『プルーン』の記事をご紹介しています 。
そちらも是非ご覧くださいませ♪

今日も輝く貴女の美肌のために!





2018.08.06


晴れのち雨 最低気温21℃最高気温33℃

週のはじまり月曜日。
朝は雲がまばらにありましたが、富士山が久しぶりに全体が見えた富士北麓です。

連日容赦ない猛暑が続いていますが皆様、大丈夫ですか?

一方で先週から北海道や東北で大雨が続き被害も出ています。
お住まいの皆様、旅行中の皆様には十分にご注意いただきたいものです。

さらに今週半ばには、関東を中心に台風13号も接近してきています。豪雨、暴風にまた警戒しなければいけません。

まだ夏本番となったばかりですが、今年は異常な天候に振り回されています。
関東地方ではこちら富士北麓や早いところでは今夜も雨になる予報です。
またその前には、今日日中も各地で猛暑になるそうです。

体調、お肌にも十分注意してお過ごしくださいませ。


今日は、ルリビオが日々研究している‐天然エキス‐より、グレードUPした『新サンスクリーン クリーム』にも配合している『オウゴン根エキス』のもととなる植物『コガネバナ』を紹介します♪


『コガネバナ』
科  名 シソ科
学  名 Scutellaria baicalensis(スクテラリア・バイカレンシス)
和  名 コガネバナ(黄金花)
英  名 Baikal skullcap
生薬名 オウゴン(黄芩)  (Scutellariae Radix)
原産地 中国北部
花  期 7~10月


『コガネバナ(黄金花)』は、漢方ではとてもポピュラーで、重要な生薬として使われてきていますので、皆様もよくご存知のことと思いますが『オウゴン(黄岑)』という名が有名ですよね。
生薬はこの根を乾燥したものを使用し消炎、解熱、鎮痛の効果があるとされています。

『コガネバナ(黄金花)』の名称は根が黄色いことに由来しているそうです。

ただ、本来、和名の場合はよくその植物の特徴を語源にすることが多く、赤(紅)い花を咲かせることからベニバナやアカツメグサ、黄色い花ならキバナなになに、などと付けたり、また、花以外の部位の特徴を捉えて、コルク層の内部が黄色いキハダや赤い根のアカネなどと解りやすい語源と名称になっています。

しかし、コガネバナの場合、ご存知のように花は青紫色をしているのに「コガネ・バナ」となっています。
「花」がついていることで植物界でも混乱を招くことがあるようです。
なので別名コガネヤナギともいわれます。

コガネバナは日本には先に生薬の黄岑が入ってきて、そのパワ-を持った効能からコガネ色が強い印象に残り付いたのかもしれませんね。

また、英名のスカルキャップは、聖職者などがかぶる縁なしの丸い帽子のことで、コガネバナの萼(ガク)の形が似ているところから来ているそうです。

そして、学名のスクテラリアは、ギリシャ語の「scutella(小皿)」に由来しています。
これは花のつけ根の萼に円い附属物があることから来ています。

名前一つとってもいろいろな語源、逸話があり面白いですね。

この植物は草丈40~60cmで青紫色の花を付けるシソ科の多年草の植物です。

原産は中国北部からシベリアにかけてといわれ、日本へは享保年間に、先に生薬が輸入され、1723(享保8)年に朝鮮から種子を入れ、幕府の小石川御薬園に植栽され栽培されたという記録があるそうです。
これは八代将軍の徳川吉宗が実施した生薬の国産化の一環によるものだそうです。

古くから日本で栽培され、使われて馴染み深いものになっているのです。



その根からとられたエキスの成分としては、バイカリン、バイカレインなどを含んでいて、抗アレルギー作用、抗菌作用、収れん作用、保湿作用、抗炎症作用、抗シワ作用があるといわれます。

グレードUPした『新サンスクリーン クリーム』では『オウゴン根エキス』をはじめ、紫外線防御作用を持つエキスと紫外線による紅班(炎症)抑制作用をもつエキスなど性能の高い植物エキスを厳選し、さらに遮断範囲が地上に届く全ての紫外線領域(UV-A・UV-B)を防ぐ次世代UVフィルターとして注目されている酸化セリウムを加え、夏の強い紫外線から素肌をお守りしています。

なお、白浮きせず、サラッと仕上がるため、ご愛用者様から大変ご好評頂いています。


コガネバナの花言葉は「ひそかな輝き」です。
降り注ぐ日差しの紫外線を秘かな輝きとし、逆に貴女の素肌が本来持っている輝きをより輝かせるルリビオの新サンスクリーン クリームにぴったりな花言葉です。

ルリビオ公式facebookページにもこちらの内容をご紹介しています。
そちらも是非、ご覧ください!

今日も輝く貴女の美肌のために!



2018.07.06


雨のちくもり 最低気温19℃最高気温24℃

災害規模の記録的な雨がつづいています。
皆様の地域ではいかがでしょうか。
大丈夫ですか。
大変な大雨のところもありますがどうぞ十分注意してお過ごしください。




明日にかけまだまだ心配なところもありますが、この雨が過ぎれば梅雨明けも広がっていくと思います。

梅雨のジメジメとした蒸し暑さ、そして夏の厳しい暑さでお肌もお疲れ気味になってしまいます。
そんなお肌には【サマーゾンビ】がオススメです!

              
今日は、ルリビオが日々研究している‐天然エキス‐より、好評発売中の限定品【サマーゾンビパック】に配合されている『カムカムフルーツ(ミルシアリアデュビア果実)エキス:カムカム・カムカムフルーツ』をご紹介します♪


『カムカム(フルーツ)』は、数年前からスーパーフルーツとして、食用品で注目を集めていますよね。

その大きな特徴は、詳しく後述しますが、有効成分の豊富な含有量です。

ルリビオでも『カムカムフルーツ』のビタミンCを配合したサプリメント【カムカムC】がありますが、実は、カムカムの成分は、食品だけでなく化粧品の原料としてもとても有効的で化粧品にも配合しています。


『カムカム』


科  名 フトモモ科
学  名 Myrciaria dubia
和  名 カムカム
英  名 CamuCamu
原産地 ペルー・アマゾン河熱帯雨林地方


「カムカム」は、フトモモ科の樹高約3mの常緑低木で、ペルーのアマゾン河流域の熱帯雨林で水辺に自生している植物です。


『カムカム』という呼び名は、水に落ちたこの果実を魚が食べる時の擬音語に由来していると、いわれているそうです。

花は白く光沢があり、果実はサクランボに似た直径2~3cmの丸型で赤紫色をしていて、適熟で濃赤色になります。

3~5ヶ月もの間、アマゾン河の洪水により冠水しても生存できる生命力と、乾期の渇水状態の土壌でも枯れ果てない適応力があるそうです。


そんなパワーを秘めた木に実る果実は、ビタミンC、クエン酸、ミネラルを多く含んでいます。

特にビタミンCは、果実(食用部分)100g中に約3gも含まれていて、これはレモン(果汁50mg)の60倍、アセロラ(実全体1,300mg)の2倍強のビタミンCを含んでいるといわれ、優れた抗酸化作用の研究結果があります。


ほかにもポリフェノールやアミノ酸のバリン・ロイシン・セリンやフラボノイド、美白効果があるといわれるエラグ酸なども多く含み、また、ミネラルもカルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、セレン、クロムなど多く含有しています。


このような豊富な栄養群を含有するカムカムから抽出されたエキスには、チロシナーゼ活性阻害、メラニン生成抑制、エラスターゼ活性阻害のデータがあります。


ルリビオの【限定品】『サマーゾンビパック』

夏のダラダラ肌をギュギュ!と引き締めると大変ご好評を頂いていますが、『カムカム』のミルシアリアデュビア果実(カムカムフルーツ)エキスは、肌のキメ細やかさやつや、ハリ、に欠かせません。


他にも夏のくすんだ肌をよりクリアにする成分も強化配合され、やさしさ成分もUP!
さらに水素が発生する成分も配合しています。

どうぞ『サマーゾンビパック』で、より美しい肌で夏を乗り切ってくださいませ。

ルリビオ公式facebookページにもエキスのご紹介をしています。
そちらも是非、ご覧ください!

今日も輝く貴女の美肌のために!



2018.06.06


雨 最低気温13℃最高気温14℃

今日は朝から雨模様の富士北麓です。
白い雲が覆い富士山も残念ながら見えません。

近畿、東海も梅雨入りをはじめ、いよいよ関東地方にも梅雨前線が近づいてきました。
ムシムシと暑くなったり、梅雨寒だったりで体調も崩しがちになることもあると思います。
十分気を付けて鬱陶しく感じるジメジメとした梅雨を明るく元気にお過ごしくださいね。
             
さて、お顔の毛穴も気になる今日この頃・・・
                 
そんな時には、ブラックパックがオススメです!
              
ルリビオが日々研究している‐天然エキス‐より 今回は、【ブラックパック】に配合され『金の涙』とも呼ばれる「マスティハ(マスチック):マスティハの木」をご紹介します♪

『マスティハ(マスチック)』は古くから伝わるものですが、近年特にその希少性と効果により注目が集まり、先頃、日本のTV番組でも(世界の女性が注目! 日本でも大ブレイク間近!? )として紹介されましたのでご存知の方もいらっしゃると思います。


『マスティハ(マスチック樹脂)』
Pistacia Lentiscus (Mastic) Gum
科  名 ウルシ科
学  名 Pistacia lentiscus
和  名 マスティック
英  名  mastic tree, Chios mastic tree
原産地 地中海沿岸地域


「マスティハ」は英語の「masticate」(咀嚼する)の語源となったギリシア語の動詞μαστιχειν(マスティケイン) からの派生語です。ガム質の特徴から来ていたのかもしれませんね。


『マスティハ(マスチック)』は地中海沿岸に分布するウルシ科のPistacialentiscusの中でもギリシャのヒオス島だけで栽培されている『マスティハの木(Pistachia Lentiscus var.Chia)』から採取された芳香性天然樹脂です。

ヒオス島はエーゲ海の東端、トルコと国境を接する所にあり、修道院や城郭と絵画のような海岸線があり、中世からの路地や印象的な建築物が歴史を感じさせる島だそうです。


「マスティハの木」は樹高2~5mで幹の回りは1.5mに達するものもある常緑低木で、7月から10月にかけて樹皮から樹脂が採取されています。


この木の幹に浅く切り込みを入れここから樹液が液体状でしみ出します。
その形が涙状の形をしているところから「金の涙」、「キリストの涙」、「神の涙」などと呼ばれてきたそうです。


その栽培の歴史は古くヒオス島で2500年以上も前からおこなわれていたそうです。

「薬物誌」を記したディオスコリデスや「医学の父」ヒポクラテスも治療にマスティハを用いていたといわれます。

また昔から料理やスイーツの材料にも使われ自然食品としても重用されてきました。

そして多くの生薬やハーブが化粧品に使われたように、マスティハも石けんや化粧品の材料にも使われてきました。

マスティハ(マスチック)は、抗菌性・抗炎症・収斂効果により毛穴を引き締め、皮膚をつややかに保つ効果があります。

ブラックパックに使用されている原料は、EUの原産地呼称保護制度(PDO)に認定されたマスティハの木から採取されています。
マスティハの木の採取はしっかりと管理、保護され古くからの伝統を守っています。

ルリビオでは【ブラックパック】に毛穴改善、コメド抑制、テカリ減少、柔軟性の向上目的で配合しています。


【ブラックパック】にはその他に、ドイツ産ホノライトや活性炭やサンゴを配合。

表皮や毛穴の汚れを除去し、同時に浸透しやすくなった状態に、マスチックをはじめ、甘草やナツメ等37種の美容成分が角質層深くに行き渡ることでワンランク上の白肌へと導く、どろんこタイプのパック剤です。

毛穴をお掃除し余分なテカリを抑えくすみのない
‟ワンランク上”のスッキリとした透明感のある白肌へ導きます♪


ルリビオ公式facebookページにも記事がございます。是非そちらもご覧ください。
HPトップページのリンクからご覧いただけます。

今日も輝く貴女の美肌のために!



2018.05.08


くもり時々雨 最低気温10℃最高気温11℃

昨日の大雨の峠は過ぎたようですが今日も引続きぐずついた空模様の富士北麓です。
全国的に下り坂のようですね。
気温も低くなっているようですが皆様体調大丈夫でしょうか?

まだまだこの時期は季節の変わり目で天候も気温も変化に富んでいてお体やお肌に多大な影響をあたえますよね。

体へは栄養や睡眠、ストレス発散など留意が必要ですが、お肌もやさしくケアしてあげてくださいね。

今回は『Ex-005-α』に配合されている『チシマザサ水』の『チシマザサ』をご紹介します。


「チシマザサ(千島笹)」
科  名 イネ科 
学  名 Sasa kurilensis
和  名 チシマザサ 
別  名 ネマガリタケ 
生薬名 隈笹・熊笹(クマザサ)  
収穫期 5~6月


エキスの原料となる『チシマザサ』は青森県の中央に位置する八甲田山麓で採取されています。

この八甲田山は大自然の宝庫で、ブナの原生林が広がっています。
『チシマザサ』はこのブナ林で育まれているんです。

ブナ林は戦後、建築用材としてスギやヒノキを植えるため「拡大造林」で伐採され面積を減らしてしまいましたが、今も各地に僅かに残る日本の自然が自分の力で作り上げた森といわれます。

自然界のサイクルでのその役割は大きく、洪水を防ぐ緑のダムの役割であったり、土砂崩れを防ぐ緑の堤防の役割であったり、酸素を生産する天然の空気清浄機であったりしました。

そしてブナ林の豊富な栄養で育ったチシマザサ(ネマガリタケ)をはじめ、ドングリやヤマブドウやキノコなどの自生植物がたくさん生えています。
それらの植物は古くは野生動物の食料確保のもととなっていたといいます。

それにより人と野生動物の棲み分け、共生も出来ていたといわれているんです。
日本列島に昔から住んでいる動物や植物にとって一番住みよい森だったことがうかがわれますね。

そこにはクマやカモシカ、オコジョやアナグマなどがいたそうです。

川にはイワナが泳ぎ、沢ではサワガニが住んでいたそうです。

また近年よく言われている森と海の関係性によると、森の腐葉土の養分が雨水や雪解け水に溶け出し川から海へ流れ、海中の植物プランクトンを育み豊かな海を作るといわれています。

またこの海水が水蒸気となり雨水となって山へと降り注ぎ蓄えられ流れていく。

とても豊かな自然が循環し育まれていたんですね。


手つかずの森が残り環境汚染の影響が極めて少ない八甲田山。
その大自然の多大な恩恵を与えてくれるブナ林が作る肥沃な大地の土壌と、冬期に厳寒の環境下に育つことで、『チシマザサ』は笹の中でも特にたくましく生長するんです。


この恵まれた環境で育まれた『チシマザサ』を原料とすることで、高品質の抽出液が得られるのです。


ササは古来から私たちの身近にある植物ですね。

『チシマザサ』は、イネ科の植物で大型の笹の一種で最も北部に分布します。


信越から東北にかけては「根曲がり竹」と呼ばれることが多いそうですね。


信越や東北は雪が多く、チシマザサの若芽が地上に芽を出し始めの頃は雪の重みで根元が曲がっているものが多いことから根曲がり竹(ネマガリタケ)と呼ばれるようになったと言われています。
山陰地方などでは「姫竹(ひめたけ)」などと呼ばれているそうです。

根曲がり竹は竹ではなく笹の若芽なので、孟宗竹の筍と比べるととても細く小さいものになりますが、歯ざわりがよく、優しくとても良い香りがします。


日本のブナ林では大型の笹類が密生することが多く、チシマザサ 、スズタケ 、クマイザサなどを総称してクマ笹と言われることもあります。

クマ(隈)笹という名は葉の縁が晩秋になると白く枯れて隈どるところに由来するそうです。


一方で大型の笹の葉を俗に「熊笹」と呼ぶこともあるそうです。
実際に熊が笹を好んで食べるんだそうですね。
熊は特に約3か月間冬眠する前に生命維持のため高カロリー、高タンパクのものをお腹いっぱいに食べますが、大量にクマ笹も食べるそうで、それによって腸の中が異常発酵し血液がドロドロに汚れ、毒素がカラダ中に回ってしまうのを防いでいるといわれています。


それは笹を食べることで体内の血液が浄化され腸内環境がよくなるからといわれています。

また熊の冬眠の穴は野生動物特有の臭いを感じないそうです。これもクマ笹の消臭作用が働くためと考えられています。

これらのことを熊は本能的に知っているのですね。

笹の葉は笹だんごやちまきなど食べ物を包むのに利用されていますが、これは笹に含まれる安息香酸の殺菌・防腐作用と関係があるといわれています。

生薬として「隈笹」は胃潰瘍や胃炎・歯槽膿漏・口内炎・口臭・体臭などに作用があり、免疫賦活作用もあるといわれています。
また切り傷、湿疹などにも用いられてきました。

「チシマザサ水」は抗菌性、保水性があり、保湿作用、防腐、抗菌作用に優れ、荒れた肌を整え、しっとりとした潤いとハリを与えます。


Ex-005-αにはその他、ヨモギ葉、コンフリー葉、シラン根、ダイズ種子、モモ葉などの10種のエキスが配合されています。
お肌をやさしく包むように乾燥や肌荒れから表皮を守りうるおいのある健やかな美肌へと導きます。


チシマザサの花言葉は「忍耐」です。

ルリビオ公式facebookページにも記事がございます。是非そちらもご覧ください。
HPトップページのリンクからご覧いただけます。

今日も輝く貴女の美肌のために!




PHOTO

RSS2.0

login

a-blog cms